これからますます勉強を

私ももう40代に入りました。はやい。。。

若い時ならなんてことなくても、この歳になってくると本当にエイジングケアっていうことがいかに大切か分かってきます。

というよりもエイジングケアをしなければどんどんと歳を取っていくような気がするのです。

変な話、エイジングケアをして初めてゼロの位置に立ってるような気がします。

エイジングケアがなければばばあになっていくというか、どんどんと年をとっていき老化しているような感じがします。

それをエイジングケアとして手助けしてくれるものが、オーガニックコスメだといえるでしょう。

今回はオーガニックコスメについていろいろ述べました。

これはもちろん逆の方向だ考えると、オーガニックでないコスメがあるからこそ注目できるのかなと思っています。

オーガニックコスメの良し悪しをかいてきましたが、むしろオーガニックではないコスメも本当はもっともっとしなければいけないと思います。

自分がオーガニックコスメについて注目して、もっともっと焦点を当てて勉強していきたいと思っています。

最近何だかとても興味を持てるようになってきました。

今までは単純にエイジングケアできればよいとおもっていましたが、最近ではこの成分は、この会社は、どういう時に作られたか?などより掘り下げてみるようになってきたのです。

こういうことがもしかしたら一番大切なんだろうなと今となっては実感しています。これからますますオーガニックコスメについて勉強していきますよ。

どれがいいかを見極める。

前回の話の続きではありますが、皮膚科の先生に言われた通り必ずしも良いとは限らない。

何でも日本だからといって安心するなっていうことを先生は忠告したかったのだと思います。

私たちってどうしても「オーガニック」ってことばに弱いじゃないですか。

だからこそ、そこに日本製といわれて、何も考えずに手を伸ばすんだと思うのです。

でもそうではなくて、自分の肌は自分で守らなければいけないのですから。当然のことなのです。

しかし、どうしても日本製ということやオーガニックっていう言葉だけを信じて中身まで見ない。

そういったことがいかに危険かということを先生が身をもって教えてくれたような気がします。

それからというもの、単にお金が高いとか、言葉だけで取られることなく、自分の目で見て、実績に使えるものだけを使うようにしました。

それからというものです。

だんだん分かってきたような気がします。

ただ単に若返りたいからこそ使うのではなく、本当にの体に合ったものを使うのが1番良いわけです。

また外国製とか日本製だから、価格の多寡も関係なくしっかりと物の目利きをすることを養っていくことが大切だということがわかったです。

インターネットなどではなかなか見ることができませんが、お試しセットみたいな感じでいろいろみて、どれが自分の肌に合うのか簡単なパッチテストみたいな行い少しずつ効果が出るのをみながら、最終的に自分にとって一番良いオーガニックコスメを選ぶようにしています。

必ずしも良いというわけではない。

オーガニックコスメを使う云々ではなく、私自身が皮膚科にいって先生に言われた一言が忘れられませんでした。

それは何かいいますと、簡単な話、なぜ肌にトラブルが起こるのかといいいますと、日本人の体質に合わない食べ物を使っているか、皮膚に合わないものを使っているかどちらかということだったのです。
どういうことかといいますと、例えば大豆や枝豆を食べていても日本のものなので、なんら影響がなかったとしても、コーヒーなど外国製品のものを食べた瞬間にアレルギー反応を起こすというような場合は(これはあくまでたとえです)、日本人が日本食を食べずに外国の食べ物を食べたからこそ、そういった症状が現れるのだと先生はおっしゃったんです。

私はその言葉を聞いた時に、もしかしたらオーガニックコスメについても同じ事と言えるのかなと思って先生に聞いてみました。

日本人だからこそ日本製のオーガニックコスメを使う必要があるのですねと聞くと、必ずしもそうだとはいいきれないということでした。

最初先生のいっていることは矛盾してるのかな?と思ったのですが、よくよくきいてると日本製であったとしても、オーガニックコスメの原料が外国製のものを使っていたら、何の意味もないということでした。

理由がよくわかりました。

ですので、日本製のオーガニックコスメだからといって、もろ手を挙げて喜んでいいのではないということがわかりました。

こういうのもひとつの情報なので、ここに載せたいと思ったのです。

日本製のもののよいという理由には

前回私は日本製のオーガニックコスメを使っていることをここで述べたのですが、なぜそれがいいのかというときちんと理由があるのです。

これはあくまで自分が感じたことなのですが、どうも保湿成分がたっぷりと含まれているような感じがするのです。

これは日本人が乾燥肌の人が多いから言うのもあります。

また湿気の多い国だからこそ、保湿成分を含んだ植物がおおいのかなと。

だから、オーガニックコスメについても保湿成分を含んだ商品が多いかななんて思ったりしています。

実際のところ、仮にそれが良いも悪いも関係なく、保湿成分をしっかりと含んだ物はやはり肌にいいと思います。

これからもずっと使い続けていきたいなと考えています。

もちろん海外製のオーガニックコスメでも同じようなものがあります。

また日本製のオーガニックコスメでも決して保湿成分がしっかりとふくまれているというわけではないというものもあるでしょう。

でも相対的にこういう成分の化粧品が多いのは本当に嬉しいと思います。これからもっともっとオーガニックコスメについていろいろ調べてきています。

今まで使っていて不満に感じるもの、つまり効果がなかったり。芳しくなかったりしたものも赤裸々に告白していきたいなと思っています。

これも正直な話なんですが、オーガニックコスメは素晴らしい商品が多いですね。これには本当に感動しました。

これを作られている会社の努力のたまものなんだなと思います。

スローライフのために。

全般的に私はオーガニックコスメをいろいろな人に広めたいなと、思っています。なぜここまで思うのかというと、オーガニックコスメの商品が良いということがあるのはさることながら、スローライフにぴったりな商品だと思うのです。

やはり現代社会の人たちは非常に忙しい生活を送っていますが、これはオーガニックコスメを使う時間は少ないように思います。

だからこそ、あえてこのオーガニックコスメを使い、自分自身の時間をもう少しゆとりをもってほしいというねらいも込められています。

スローライフだからこそ、得ることができる世界です。

これを皆さんに味わっていただきたいのです。

ゆっくりと休めと言っても、なかなか今の人達は休むもことができませんよね。

私もある程度年を重ねてくると、余生とまではいえませんが、自分の時間を大切に過ごしたいと思うものです。

その時に自分自身がそう思っていてもなかなか行動に移せないものです。

だからこそどうこういったオーガニックコスメを使い、優雅なひと時を過ごしていることが1番スローライフにとって大切なことなんだなと実感しますよ。

いかに忙しい時間を過ごしていたのかということをオーガニックコスメを通じて思い知らされました。

いいものを使えば売れて、時間がゆっくり流れる。

私はそう信じて最近では日本製のオーガニックコスメの積極的に使うようにしているのです。

皆様もぜひこの商品を手に取りスローライフはいかがですか。

オーガニックコスメなら日本製かな。

あと私が思うに、オーガニックコスメを実際に使ってみて、一番感じたのですが、いろいろ買ってみますと、やっぱり日本人だから日本のオーガニックコスメを使うべきだと思うのです。

これはなぜそうなのかはよくわかりません。

そういっていても、「私は外国製の方があう」という人もいるかもしれませんし、日本製の方が合わないという方もいるので、これは一概には言えないと思いますよ。

しかし総じて日本人の場合は、日本のオーガニックコスメの方が合うのではないかと思います。
やはり環境がすべてだと思うのです。

自分の生きてきた環境の中で育った食べ物や水などは、自分にとって一番良いものです。

そういった自然の中で育って作られた商品はやはり自分の体質に合っているのではないかと思います。

ですので、日本人の場合はやはり日本製のオーガニックコスメが一番合うと思われます。

またそれだけではなく、何かトラブルを生じた場合でも日本のオーガニックコスメなら、直ぐにでもその会社に連絡を取ることができますが、

海外でのオーガニックコスメは時間がかかったり泣き寝入りをするっていうこともありますので、こういった観点からでも日本の商品の方がいいといえるでしょう。また日本のオーガニックコスメの方が肌にしっくり来たし、やっぱりいい感じだという人が多いのです。

値段は確かに高いのですが、日本でのオーガニックコスメ商品絶対っていうくらいいい商品です。経験してよく分かりました。

いいとは限らないのもこのコスメ。

オーガニックコスメは確かに肌に良い商品として紹介された時に、どんな商品なの?をきいたが、自分で調べてみたほうがいいよと言われました。

その意味が最近、よくわかってきました。

オーガニックだからと言ってすべてがいいというわけでもないのです。

つまりオーガニックコスメの中に良い悪いという判断ではなく、むしろ自分に合うか合わないかという点で選ばなければいけないのです。

といいますのも、オーガニックはあくまで化学物質や添加物などが使われていない自然そのものの化粧品だと言えるのです。

ですので、人によっては、成分としてはうすく、化学物質により調整された化粧品ではない分効果がすんなりとでやすいか、そうではない人もいるので、それが単に効果が思うように発揮されないという事もあるのです。

オーガニックコスメをどのように使うかはわかりません。が、とりあえず

人がいいからといって、使ってみても同じような効果が現れるとは限らないです。

しっかりと踏まえた上で、オーガニックコスメを購入すると良いでしょう。

後は少なからず最小単位でコスメを購入する必要があります。そしてそのコスメがよければずっと買い続ければ良いですし、だめだったら1個だけ購入してよかったと諦めがつく。

こういうリスクだと考えればよいのです。

物の考え方次第で随分変わってきますのでその点を気をつけて購入されると良いと思います。まあ、コスメは値段がしれていますから、神経質にならなくてもいいですけどね。

偽物にご注意を

一言で言ってしまえばオーガニックコスメは正しくいらないものが入っていない、化粧品と考えればいいのではないでしょうか。

健康そのものの商品の方が当てはまるかもしれません。

どういった商品がいいのかは、ここでは置いておいて、一番大事なのはオーガニックコスメというは肌にも体にもいいということだけをまずは知ってもらいたいのです。

ここでオーガニックコスメを大々的に宣伝するために来ているわけではないのです。

オーガニックコスメを用いてどちらかというと、芳しくない結果になったという話も聞いています。

体質もあるでしょうし、すべてがいいというわけではないといっても、調べていくととんでもないことがわかったです。

何とオーガニックコスメをつかって、悪い結果となってしまった人にはある一つの共通点があったんです。

それは何かともうしますと、粗悪品を掴まされていたということなのです。

つまり世の中にはオーガニックコスメを逆手にとって偽オーガニックコスメを販売している人がいるのです。

一般の人たちはどれが本物なのかどうかわからなくなってしまいます。また知らないはず。

これを安価で購入したり、もしくは知人などに分けてもらってる時に全く違った効果となったという人もおおいのです。

どうやればオーガニックというものがどう言う事かわかるかということを見ていきたいと思います。

はっきりいって、オーガニックコスメは本当に体に良い化粧品だということがいえます。

オーガニックコスメとの出会い

いきなりですが、40代にもなるとの肌がどうとか言ってられないのです。

何でもいいからとにかくやっていく。

それが大切なんですよね。

人から言われたものでも何でもいい。

とにかく手当たり次第やってみる。

それで効果が出なけりゃすぐに諦める。

やってみてるが40歳代なんですよ。

本当に辛いんですよね年になると。

肌がどんどん弱くなってくるというか、衰えてくるというか、汚くなってくるというか。
そこで、いろいろな商品を試してみたくなるのですが、最近は友達の中でよく話のネタになっている事柄です。

それは何かというと、オーガニックコスメということです。

オーガニックと言うと、どうしても農作物のイメージがあって、そこで育てられた野菜などはどこかおいしいというイメージがあります。

となると、それが化粧品でつかわれているならば、きっと素晴らしい商品ではないかと思います。

ま、勝手にそう想像してるだけなんですけど。

そこからのスタートでもとりあえずはじめて見ることが大事です。

友達にオーガニックコスメってどんなものなの?ときいてみました。

その時に「私が幾ら説明しても、それがいいかどうかなんてあんた、納得する?全部嘘みたいに聞こえるでしょ?」と言われたのです。

だからこそ自分で調べてみたら?と言われました。

その方が納得するって言われたのです。

ここから私のオーガニックコスメとの出会いが始まったのです。一つ一つ更新して行こうと思っています。